高麗人参の選び方 -健康増進支援サイト

高麗人参の効果や効能、おすすめアイテムなどを解説しているサイトです。

メインイメージ
画像

コレステロールに悩む方に高麗人参

高コレステロール状態とは血中に善玉コレステロールよりも悪玉コレステロールが多い状態を指します。
悪玉コレステロールが多い状態だと悪玉コレステロールは血液内で酸化して、血液をドロドロにしてしまい、高血圧や心臓疾患のリスクを高めます。
高麗人参は高コレステロール状態を改善し、それらのリスクを軽減する作用があります。

コレステロールの仕組み

コレステロールは血液の中にも存在します(血中コレステロール) 血液中のコレステロールはたんぱく質と結びついて【リポたんぱく質】となり、全身に運ばれます。
このリポたんぱく質に含まれるコレステロールの量で、善玉コレステロール(HDL)か悪玉コレステロール(LDL)かが決まります。
つまり善玉も悪玉も同じコレステロールなのです。
悪玉と善玉に分類されたコレステロールはそれぞれに役割があります。

善玉コレステロールも悪玉コレステロールも必要な存在です

悪玉コレステロールは悪いものと思われがちですが、細胞膜や副腎皮質ホルモン、胆汁を生成するための原料になるため、ある程度は必要な存在です。
しかし多すぎると血管をドロドロにしてしまい、血栓を増やす要因になり、動脈硬化などのリスクを高めます。

悪玉コレステロール(LDL)の役割は全身にコレステロールを供給して上記で解説した細胞膜などを生成することです。
しかし悪玉が多すぎると余分となり、血管内で酸化して血液をドロドロにしてしまいます。

善玉コレステロール(HDL)の役割は余分な悪玉(LDL)を除去することです。
悪玉コレステロール、善玉コレステロール、という呼び方はしますがどちらも不可欠な存在で、大切なのは両者のバランスです。
高コレステロール状態とは悪玉コレステロールが多過ぎる状態を指します。
食品から摂取する中性脂肪は悪玉コレステロールを増やすため、摂取しすぎるのはコレステロールのバランスを崩す要因となります。
現代人の食生活はどうしても悪玉コレステロールが多く、善玉コレステロールか不足しがちです。
善玉コレステロールは野菜、魚(特に青魚)、ヨーグルト、などに多く含まれます。

高麗人参は高コレステロール状態を改善する効果があります

現代人が高コレステロール状態、いわゆる悪玉コレステロール過多の状態になってしまう主な要因は食事で摂取する中性脂肪が多過ぎることです。
中性脂肪は人間が活動するためのエネルギー源にもなりますが、現代人の食生活で不足することはほぼありません。
基本的に摂り過ぎを注意するべき存在です。

高麗人参に含まれるサポニンはジンセノサイド、または人参サポニンと呼ばれます。
中性脂肪は小腸で吸収されるのですが、ジンセノサイドはそれを抑制し、悪玉コレステロールの増加を防ぎます。

血中で増え過ぎた悪玉コレステロールは血液をドロドロにして、血栓という血液の塊ができやすい状況を作ります。
血栓は血管内の傷を塞ぐために生成され、傷が塞がれば自然と溶けます。
しかし血栓が多くなると溶けずに、血流を塞いでしまうこともあります。
高麗人参に含まれるジンセノサイドは血栓を溶けやすくする作用もあり、上記の中性脂肪の吸収を抑制する作用と併せて、高コレステロールの状態の弊害を改善する作用に優れています。

Main Menu

おすすめアイテムはこちら

その他のコンテンツ