高麗人参の選び方 -健康増進支援サイト

高麗人参の効果や効能、おすすめアイテムなどを解説しているサイトです。

メインイメージ
画像

高麗人参の水耕栽培について

高麗人参は現在でこそ栽培が可能になり、ある程度量産可能な状態ですが、古くは限られた地域にしか自生しない非常に希少価値の高い存在でした。
高麗人参は文字通りで朝鮮半島を中心に、中国の北東部とロシアの沿岸部のみに自生が確認されています。
日本には自生しないため、日本産の天然高麗人参はありません。

自生している高麗人参は土中に根を張り、茎が育って花を咲かせている状態です。
つまり栽培する場合は畑栽培でその状態を再現する形になります。
しかし現在は高麗人参の水耕栽培の研究も盛んにおこなわれています。
高麗人参の水耕栽培が成功すれば今以上に大量生産が可能になるのではないかと、期待されています。

水耕栽培とは?

土耕栽培は文字通りで土に種をまいて作物を育てるという、いわゆる従来通りの畑栽培です。
高麗人参は元々自然界に自生する、つまり天然の土耕で育つため、畑を作って土耕栽培するのが理に適っています。

土耕栽培に対して水耕栽培とはどんな栽培でしょうか?
字面からなんとなく水田栽培のようなイメージを浮かべる人もいるかもしれませんが、水耕栽培と水田は別物です。
水耕栽培とは、水田のように土の上に水を張るのでは無く、土を全く使わずに水だけで植物を育てるという栽培方法です。
球根を水に浸して育てるようなイメージです。
水耕栽培は土を用いないため、設備を作るのは簡単で、ペットボトルなどを用いて家庭で観葉植物の水耕栽培を行う場合もあります。
水耕栽培の最大のメリットは栽培に関するコストを下げることが出来る点です。

当然水だけでは土のように植物に栄養を与えることが出来ないために肥料を用いるのが一般的です。
有機肥料だと水を汚してしまうので水耕栽培専用の無機肥料を使うのが一般的です。
この方法なら土がなくても植物に栄養を与えることが出来るため、理論上、あらゆる植物の水耕栽培が可能なのです。

高麗人参の水耕栽培事情

高麗人参は非常の優れた薬効の健康食品のため、常に高い需要があります。
しかし栽培は極めて難しいため栽培に関する研究が盛んです。

高麗人参に限らずですが、水耕栽培のメリットは栽培方法の簡易さにあります。
水耕栽培なら水と専用の無機肥料だけで育つために畑を作る必要が無く、栽培の際のスペースの選択肢が増えます。
この点から、水耕栽培は大量生産に向いています。
もし高麗人参の水耕栽培が可能になれば土耕栽培以上の生産性が見込めるため、希少価値の高い高麗人参を今以上に安定供給が可能になります。

しかし2017年現在、高麗人参の水耕栽培はまだまだ研究段階で実用には至っていません。
水耕栽培で大切なのは、種を水耕栽培用の水に浸した状態で、発芽のタイミングをある程度コントロール出来るかどうか、という点です。
個体によって発芽するタイミングにズレがあったり、発芽せずに枯れてしまったりする個体が多いようであれば大量生産の目途は立ちません。

高麗人参は土耕栽培の技術はかなり進んでいるため発芽のタイミングも一定で、大量生産の技術が確立していますが、水耕栽培の場合はそこまでには至っていません。
高麗人参の水耕栽培はまだまだ研究段階で、実用の目途はたっていないという状況です。

もし高麗人参の水耕栽培が、発芽のタイミングをコントロール可能なレベルで成功すれば、それは現在の土耕栽培以上に大量生産が可能になるということです。
高麗人参は非常に優秀な健康食品であるため高い需要があります。
そのため大量生産につながる可能性を秘めた水耕栽培の研究も盛んなのです。