高麗人参の選び方 -健康増進支援サイト

高麗人参の効果や効能、おすすめアイテムなどを解説しているサイトです。

メインイメージ
画像

ストレスが多い方に高麗人参

人間は過度にストレスが蓄積すると自律神経が乱れてしまいます。
自律神経が乱れて身体に様々な症状が発生することを自律神経失調症と呼びます。
自律神経が乱れ続けるとうつ病を発症することがわかっています。
つまり自律神経失調症はうつ病のサインであり初期症状でもあるのです。

高麗人参には自律神経を安定させる作用と、ストレス耐性を高める作用があるホルモンの分泌を促す効果があり、ストレスの緩和やストレスによる自律神経の乱れを改善するのに有効です。

ストレスで自律神経が乱れる仕組み

自律神経とは意欲や集中力を促す交感神経と、リラックスした気分で休息を促す副交感神経があります。
自律神経が安定していると活動的になる時に自然と交感神経が優位に働き、逆に休息やリラックス状態のときに副交感神経が優位に働きます。
人間に限らす、自然界の生き物の共通点として、生命に危機を感じるとそれがストレスとなり、自律神経に作用します。
例えばシマウマはライオンに襲われそうになると生命の危機=ストレスを感じ、自律神経に作用して交感神経を優位にします。
意欲や集中を促す交感神経を優位にした方が筋肉の働きが活発となって速く走れるからです。
交感神経が優位になると血液が筋肉に多くの栄養を運ぶようになるため、血流は早まり、血圧も上がります。
以上のようにストレスを感じた時に交感神経が優位になるのは動物としての本能なのです。
これが自律神経とストレスの関係です。

現代社会は直接的に生命の危機を感じることは少ないですが、それでも精神的、肉体的に圧迫を受けるとそれはストレスとして感受され、自律神経に作用して交感神経を優位にします。
つまり気が張りつめた状態になります。
ストレスの要因が続くと交感神経ばかり優位になり副交感神経の働きが鈍くなる、つまり自律神経のバランスが乱れます。

自律神経が乱れた状態が慢性化すると、必要に応じて自律神経が働かなくなり、頑張りたい時でも意欲が湧かなくなり、ゆっくり休みたい時でも緊張状態となり、イライラが募り、不眠症にもなります。
うつ病や躁鬱病は自律神経が乱れ、交感神経と副交感神経が正しく機能しなくなっている状態です。

高麗人参のストレス緩和作用

前項目でストレスは生命の危機を感受する機能であると解説しました。
人間には理性があり、ストレスを感じてもそれは生命の危機ではないと理性的に判断し、自律神経が乱れるまでには至らなくする耐性能力があります。
これをストレス耐性と呼びます。
ストレス耐性には個人差があり、ストレスに強い人もいれば弱い人もいます。

例えば不快な騒音が鳴って、徐々に音量を上げていくとします。
その場合、不快感で耐えられなくなる音量には個人差があります。
騒音に耐える能力が高い人はそれだけストレス耐性が高いといえます。

人間はストレスを感じると副腎皮質ホルモンというホルモンが分泌されます。
この副腎皮質ホルモンはストレスによるショックを緩和させる働きがあるステロイドホルモンであり、ストレス軽減作用があります。

上記で解説したストレス耐性とは副腎皮質ホルモンの分泌が安定している状態かどうかも大きく関わってきます。
副腎皮質ホルモンは副腎皮質という臓器から分泌されるのですが、その分泌の指令を出すのは脳の視床下部です。
高麗人参は脳の視床下部に作用し、副腎皮質ホルモンの分泌を促し、ストレスによって交感神経が優位になりすぎる過興奮状態を緩和します。

高麗人参は自律神経を安定化する作用もあります

高麗人参に含まれるサポニン(ジンセノサイド)は自律神経を司る交感神経と副交感神経のどちらにも作用し、優位になりすぎているときは緩和し、逆に働きが鈍い時には活動を促す作用があります。
その理由は、高麗人参に含まれるジンセノサイドには中枢神経に作用し、交感神経による過剰興奮状態を落ち着かせる作用のあるジオール系ジンセノサイドと、逆に交感神経が沈静化しすぎている状態を元気付けるトリオール系ジンセノサイドが同時に含まれているからです。
これが高麗人参特有の、自律神経の安定作用です。

以上のように高麗人参はストレス耐性を高める効果に加え、ストレスが原因で乱れてしまう自律神経の安定化の作用もあります。
これらの複合的な作用から、高麗人参はストレスの蓄積や、それによる自律神経の乱れを改善する作用に優れた健康食品です。

Main Menu

おすすめアイテムはこちら

その他のコンテンツ