高麗人参の選び方 -健康増進支援サイト

高麗人参の効果や効能、おすすめアイテムなどを解説しているサイトです。

メインイメージ
画像

高麗人参の成分はごぼうと代用できる

高麗人参
 皆さんは、高麗人参を食べたことはありますか。日本では高級食材として知られているので、値段もお高くなかなか普段の生活では手が出せない代物です。しかし、その栄養価の高さは、昔から万能薬として知られていました。あの徳川家康も、珍重していた食材だといわれています。
 現在でも、漢方薬として使用され、さまざまな効果や効能を持っているために、とても人気があります。なぜ体にいいのかというと、主な成分のサポニンのためです。
 このサポニンhttp://www.naphp.org/n0006.htmlですが、大豆にも多く含まれている成分で、味覚として苦みや渋みといった不快な味のもとになる物質です。これは、人間の腸内をキレイにしてくれるという働き持っています。ですから、便秘に悩まされている女性はすすんでとりたいものです。また、血管内にこびりついたコレステロールを除去したり、血液中の脂質を減少させたりする働きをしてくれるのです。そのために、動脈硬化の促進を抑える働きも持っています。 このように健康にも美容にもいい高麗人参を、ぜひ試してみたいと思われる方が多くいらっしゃることでしょう。しかし、お値段が気になるという悩みが、頭をもたげてきます。
 そんな方に朗報なのですが、高麗人参はごぼうと代用できるそうです。というのは、ごぼうの皮にもサポニンが豊富に含まれているのです。
 高麗人参は煎じてお茶にして飲むことが一般的ですが、これもゴボウ茶で代用できるのですからお手軽です。ゴボウ茶の中に高級食材と同じ成分が入っているというのですから、飲まないなんてもったいないです。ネットで購入したり、手作りして作ることもできるそうです。
 家で調理するときには、効果的に栄養を摂取するために気をつけなければいけないことがあります。きんぴらなどの料理をするときに、皮をむきすぎないでください。皮の部分にこそ、サポニンなどの栄養があるのです。
 皮をむかずに、たわしなどで簡単に汚れをやさしく落とす程度でいいのでだいす。また、灰汁が入っているからといって水にさらしすぎないことにも注意してください。灰汁の苦味にこそ栄養があるのです。
 高麗人参のお茶となるときっと一杯が高額でしょうが、ゴボウ茶なら、毎日でも飲むことができます。健康と美容を手に入れたい方は、試してみてはいかがでしょうか。
 こちらにも、高麗人参を使った食べ物、飲み物についての詳しい解説がございます。是非ご覧ください。