高麗人参の選び方 -健康増進支援サイト

高麗人参の効果や効能、おすすめアイテムなどを解説しているサイトです。

メインイメージ
画像

高麗人参でインフルエンザに負けない!

インフルエンザは【インフルエンザウィルス】によって空気感染する急性感染症です。
多くの場合、インフルエンザは上気道炎症、つまり喉などの呼吸器官に炎症を起こし、激しい咳を引き起こし、重症の場合は肺炎を併発します。

ウィルスによる感染症は身体にウィルスが入り込み、感染してしまう仕組みです。
しかし人間の身体には免疫機能があり、有害なウィルスが入り込んだ時はそれを攻撃して退治してくれます。
インフルエンザや風邪の時に発熱するのは免疫がウィルスを攻撃しているためです。

免疫力には個人差があり、体調によっても左右されます。
免疫力を高く保つことは、インフルエンザの感染予防につながります。
高麗人参には体の免疫力を向上させる作用があり、インフルエンザ予防に有効です。

インフルエンザが毎年流行してしまう理由

インフルエンザは予防接種することで感染を防ぐことができます。
インフルエンザウィルスには主にA型、B型、C型の3種類があります。
インフルエンザウィルスは頻繁に突然変異を起こして特性を変化させますが、基本はこの3種類のため、予防接種ワクチンもこの3種類をベースに作られます。
しかし稀に抗原不連続変異を起こし、新種のウィルスが誕生する場合もあります。
こうなると従来のワクチンは全く効かないため、インフルエンザが大流行してしまいます。
直近では、2009年に新種のウィルスが誕生してインフルエンザが大流行しました。

以上のように、毎年のようにインフルエンザが流行するのは、単純に感染力が強いから、という理由もありますが、インフルエンザウィルスが一種類ではなく、さらにウィルスは頻繁に変異して特性を変えるため、予防接種による対策がどうしても後手に回ってしまうからという理由も大きいです。

身体の免疫力を高めるのがインフルエンザ予防に有効です

インフルエンザが流行する季節は、外出時にマスクをして、家に帰ったら手洗いうがいを徹底することを呼びかけられます。
これはインフルエンザウィルスを体内に入り込ませないための努力です。
しかしそれでもウィルスを完全にシャットアウトするのは不可能です。

身体に入り込んだウィルスは免疫機能で退治してもらうしかありません。
もし免疫がウィルスに対して劣勢であれば感染の危険性が一気に高まります。
ちなみに風邪もウィルス性の病気のため、罹患するプロセスはインフルエンザと同じです。
どちらも免疫で退治してくれます。
しかし感染力はインフルエンザの方が強いため、インフルエンザが流行している時期は、身体の免疫力を高く保つのが何より有効な予防策なのです。

高麗人参は免疫力を向上させる作用があります

高麗人参の主要な健康作用に、血行促進作用があります。
血行促進で血の巡りが良くなれば基礎体温が上がり、冷え性の改善につながります。
そして身体の基礎体温が高い方が免疫力は上がります。
風邪気味の時は身体を温めることが大切、というのは免疫力を下げないためです。

さらに高麗人参は身体の白血球を増やしてくれる作用があります。
免疫細胞は白血球の中に存在するため、白血球が増えるということはかなり直接的な免疫力向上効果といえます。

ストレスは免疫力を低下させてしまうことが知られています。
特に現代社会はストレスが多く、ストレスが原因で免疫の低下が懸念される人が増加傾向にあります。
高麗人参は中枢神経に作用して自律神経を安定させ、さらに副腎皮質ホルモンの分泌を促します。
この作用はどちらもストレス耐性を高める効果があります。

以上のように高麗人参は直接的に免疫力を向上させる作用もあれば、ストレス軽減など、間接的な形で免疫力の安定をサポートする作用もあり、極めて高い免疫力向上作用が期待できます。
インフルエンザの予防には免疫力を高く保つことがとても有効のため、高麗人参はインフルエンザ予防に有効な健康食品であることがいえます。

Main Menu

おすすめアイテムはこちら

その他のコンテンツ