高麗人参の選び方 -健康増進支援サイト

高麗人参の効果や効能、おすすめアイテムなどを解説しているサイトです。

メインイメージ
画像

高麗人参は胃に効く

高麗人参の様々な健康効果の1つに胃腸の働きを助ける効果があります。
我々人間は毎日食事によって栄養を摂取します。
胃は摂取した食物が最初に溜まるため、とても重要な役割を果たす臓器です。

胃は刺激やストレスに敏感に反応し、それらが蓄積すると活動を弱めてしまいます。
さらに胃にまつわる疾患は臓器の中でも多い方なのです。
主要な胃の疾患には胃潰瘍、胃炎、などがあり、胃ガンは現代人の死亡原因の上位に位置します。
胃は食事を司る大切な役割を担う臓器ですが、体の好不調の影響を受けやすいデリケートな臓器でもあるのです。

健康食品として名高い高麗人参は胃の機能改善にも高い効果があることが知られ、何かと酷使されがちな現代人の胃の救世主になり得る存在でもあるのです。

胃はストレスで悪影響を受けやすい臓器です

胃は基本的に自分の意思で動かすことは出来ません。
しかし強いストレスを受けたり、緊張状態であったりすると胃の活動が弱まってしまうことがあります。
胃は自分の意思では動かせなくても、精神面のダメージ、いわゆるストレスには敏感に反応するのです。

消化のための胃酸は強力な酸性ですが、その胃酸で胃の内壁が傷つかないのは胃の内壁がアルカリ性の膜で保護され中和しているからです。
しかしストレスなどで胃の働きが弱まると、アルカリ性膜の保護が弱まり強力な胃酸によって胃の内壁が傷つきます。
これが胃炎です。胃炎がひどくなると胃が出血することもあり、胃潰瘍に発展します。
以上がストレスによる胃へのダメージの基本プロセスです。

上記のプロセス以外でも慢性的な暴飲暴食による胃の酷使、慢性的な虫歯が胃に負担をかけ、胃を弱らせることがわかっています。

高麗人参は自律神経に作用し、胃への負担を軽減します

高麗人参に関する古い文献には、胃弱改善効果こそが高麗人参の健康作用のメインである、という記述が多数残っています。

マウス実験により、強いストレスを与えたマウスは高い確率で胃潰瘍を起こすのですが、高麗人参を継続して摂取させるとそのプロセスに著しい改善効果が出た、という研究結果があります。

高麗人参による胃の働きを改善させる効果は、高麗人参の自律神経を安定させる働きによるもの、という説が有力です。
自律神経とは簡単に説明すると人間の集中、緊張とリラックスのバランスを制御する神経です。
自律神経が乱れると緊張と緩和のバランスが崩れ、結果として強いストレスを抱えることになります。
上記で解説したようにストレスは胃にかなり直接的に負担をかけます。
高麗人参による自律神経を安定させる効果は、ストレス軽減に効果があり、胃への負担を減らしてくれるのです。

高麗人参は胃炎、胃ガンのリスクを高めるピロリ菌の抑制効果も

さらに高麗人参は胃潰瘍の原因となるピロリ菌の抑制に効果があることが判明しています。
ピロリ菌は特に中高年の世代に保菌率が高いという特徴があります。
胃にピロリ菌が生息し、活発に活動し始めると胃炎や胃潰瘍の原因となります。
また胃ガンのリスクを劇的に高めることでも有名です。
ピロリ菌は数々の主要な胃のトラブルに関わる厄介な存在なのです。
ピロリ菌は現在、除染治療が可能になっているため、保菌が判明してもさほど怖い存在ではなくなりつつあります。

高麗人参は自律神経の安定効果による胃への負担軽減、そしてピロリ菌の活動抑制効果の、複数の胃を助ける効果を併せ持ち、胃の機能改善に高い効果があることは間違いありません。

Main Menu

おすすめアイテムはこちら

その他のコンテンツ