高麗人参の選び方 -健康増進支援サイト

高麗人参の効果や効能、おすすめアイテムなどを解説しているサイトです。

メインイメージ
画像

肝臓機能強化のサポートとなる高麗人参

肝臓はお酒を飲んだ時、アルコールを分解する役割の臓器として有名です。
しかし肝臓の役割はそれだけではなく、非常に多岐にわたる機能を果たすとても忙しい臓器です。そして肝臓は内臓の中で、脳を除いて一番大きい臓器でもあります。

肝臓が果たす役割、すなわち肝機能は非常に多岐に渡るため、肝臓が不調になると身体には様々な弊害が発生します。そのため内臓の中でも特に重要な存在といえます。

高麗人参は肝機能を改善する作用があり、機能が低下している肝機能の回復に有効です。本稿では高麗人参の肝臓機能に及ぼす健康効果を解説します。

肝臓はどんな役割がある臓器なの?


肝臓の役割は3つに大別することができます。その3つとは、【解毒】、【代謝】、【胆汁の生成】です。

お酒を飲んだ際のアルコールの分解は肝臓の解毒作用に分類されます。
お酒は飲むと酔って楽しい気分になりますが、それはアルコールによる脳を麻痺させる作用であり、アルコールは人体にとっては基本的に有害な毒素です。そのため肝臓の解毒作用で分解されてしまうということです。
普段の食事でも毒素を取り込んでしまうことはあります。例えば魚は身体に良いと思われがちですが、食べ過ぎると体内でアンモニアという毒素を生成します。その毒素を解毒するのも肝臓の役割です。

肝臓の【代謝】の役割とは、食べ物から摂取した糖分、タンパク質、脂肪、などを一時的に蓄え、緊急に必要な時に供給します。例えばお酒を飲んだ時はアルコールを分解するため、一時的に肝臓が大忙しになります。それに備えてエネルギー源となる栄養を摂取しておくと効率よくアルコール分解が進みます。
このためお酒は食べながら飲むことが推奨されます。飲酒後にエネルギー源となる、炭水化物を摂取するのも有効です。

【胆汁の生成】とは、肝臓で胆汁という身体の老廃物を流す成分を生成することです。胆汁は肝臓で生成され、腸に運ばれて消化液として働きます。胆汁は主に脂肪分の消化吸収を助ける働きがあります。
食べ物の消化吸収は胃腸の役割と思われがちですが、胆汁の生成という形で肝臓も参加しているのです。

上記で解説した魚の例のように、食べ物の中でも100%メリットがあるものが意外と少なく、大なり小なりの毒素を含みます。それらを恒常的に解毒するのが肝臓の役割であり、肝臓は健康維持のために必要不可欠な存在なのです。

高麗人参は肝機能の改善に効果があります

上記で解説した肝臓の役割の中でも解毒の作用は肝臓を酷使します。
慢性的に毒素の解毒量が多いと肝機能は低下し、最悪の場合は肝硬変という深刻な肝臓のトラブルに見舞われます。
このため飲酒によるアルコールの解毒は特に肝臓に大きく負担をかけることが指摘されています。
肝臓=アルコール分解をする臓器というイメージが強いのもこのためだと思われます。

高麗人参に含まれるサポニン(ジンセノサイド)には弱っている肝機能の回復に有効な薬効成分があることがわかっています。
高麗人参に含まれる特有のサポニン(ジンセノサイド)は弱った肝機能を回復させ、特にアルコール分を分解するための分解酵素の分泌を促す効果があります。つまり肝機能の中でも、解毒による働きをサポートする効果が特に高いということです。
以上のことから、高麗人参は飲酒で疲れた肝臓を回復するのに特に効果的であることがいえます。

高麗人参は体内で生成される活性酸素の働きを抑制する効果が高いことがわかっています。活性酸素は体内で発生し、細胞を死滅させ、身体の機能を劣化させる老化現象の原因となる物質です。
活性酸素は内臓の機能を低下させることもわかっています。このような老化現象による内臓の劣化を抑制する効果も、肝臓に対してメリットとなる効果といえます。

Main Menu

おすすめアイテムはこちら

その他のコンテンツ