高麗人参の選び方 -健康増進支援サイト

高麗人参の効果や効能、おすすめアイテムなどを解説しているサイトです。

メインイメージ
画像

高麗人参のアミノ酸で元気たっぷり

高麗人参に含まれる有効成分といえばサポニンが有名ですが、実はアルギニンというアミノ酸も高麗人参に豊富に含まれる有効成分です。

アミノ酸はタンパク質の原料となる物質で、人間の身体を構成するための大切な栄養です。
アミノ酸は主にエネルギーを生み出す役割があります。
例えば人間は疲労すると乳酸という成分が体内で生成されてしまいますが、アミノ酸は乳酸の生成を抑える働きがあるため体力の維持には欠かせない栄養です。

さらにアミノ酸は新陳代謝に大きく関わる栄養です。
つまり美肌効果にも影響します。

以上のことから、アミノ酸は健康と活力を維持するために日頃から十分摂取したい栄養素です。

【必須アミノ酸】と【非必須アミノ酸】

アミノ酸は【必須アミノ酸】と【非必須アミノ酸】の二種類に大別されます。
人間に必要なアミノ酸で、体内で生成されるアミノ酸と生成されないアミノ酸があります。
人間の体内で生成されないけれど、健康維持のための必要不可欠なのが【必須アミノ酸】、それ以外を【非必須アミノ酸】と定義します。
つまり必須アミノ酸の【必須】とは人間にとって必須という意味です。
必須アミノ酸は健康ために必須ですが体内で生成されません。

必須アミノ酸は体内で生成されないため、食材の栄養から摂取することが大切なのは言うまでもありませんが、体内で生成可能な非必須アミノ酸でも、加齢とともに体内での生成が鈍り、不足してしまうことは珍しくありません。
そのため、どちらのアミノ酸も健康維持のために必要であることに変わりありません。

高麗人参に多く含まれるアミノ酸、【アルギニン】

  • 血行促進作用

高麗人参は血行促進作用があり、冷え性の改善や免疫力アップの健康作用があるのは有名です。
高麗人参の血行促進作用は主にアルギニンというアミノ酸の効果によるものです。
アルギニンは体内でも生成されるため、上記のアミノ酸の定義に照らすと非必須アミノ酸に分類されます。

体内で生成されたり食材から摂取したりしたアルギニンの大半は血管内に運ばれます。
そして血管内で【一酸化窒素】に合成されます。
一酸化窒素は血管を拡張する作用があるため、アルギニンは血管拡張作用のある栄養素として認知されています。

さらに高麗人参はサポニンという栄養成分を豊富に含むことでも知られ、サポニンは悪玉コレステロールの抑制に高い効果があることがわかっています。
悪玉コレステロールの抑制は結果として血液がサラサラになり、血流が改善され、動脈硬化などの血管の病気のリスクを下げます。

高麗人参は血管拡張作用のある【アルギニン】と、血液をサラサラにしてくれる【サポニン】がどちらも豊富に含まれるため、血管の状態を改善する効果が高い食品といえます。

  • 抗酸化作用

アルギニンはアルカリ性という特性もあります。
人間の身体は弱酸性の状態を保つのがベストなのですが、疲労が蓄積すると体内で活性酸素が増えて酸性に傾いてしまいます。
人間の身体は酸性に傾き過ぎるとあらゆる病気のリスクを高めます。
ガンはその最たる結果であるという説が有力です。
アルカリ性の特性があるアルギニンは、疲労などで酸性に傾いた状態を弱酸性に戻す作用があり、これがアルギニンの滋養強壮作用です。

高麗人参に含まれるアルギニン以外のアミノ酸

高麗人参に豊富に含まれるアミノ酸はアルギニンですが、それ以外にも以下の必須アミノ酸が含有されています。

  • パリン
  • アラニン
  • グリシン
  • リジン
  • ロイシン
  • グルタミン酸
  • アスパラギン酸
  • ヒスチジン
  • セリン
  • プロリン

高麗人参はサポニンだけでなく、豊富なアルギニンと上記の複数のアミノ酸を摂取できるため、アミノ酸不足を補う効果も高い健康食品です。
アミノ酸は疲労に強い身体作りに不可欠な存在であり、十分に摂取することが毎日を元気に過ごす秘訣です。
高麗人参はその条件に適った優れた栄養食品といえます。