高麗人参の選び方 -健康増進支援サイト

高麗人参の効果や効能、おすすめアイテムなどを解説しているサイトです。

メインイメージ
画像

足の辛いむくみに高麗人参はいかが?

長時間立ちっぱなしだったり、逆に座りっぱなしだったりすると下半身に【むくみ】が出来てしまうことがあります。
むくみで足がパンパンになり、ひどい時にはいつも履いている靴がキツく感じてしまうこともあります。
むくみの原因は血液循環、いわゆる血の巡りの良し悪しに大きく関わります。

高麗人参は多種多様な健康作用があり、その中でも主要な健康作用に血行促進作用があります。
この高麗人参の血行促進作用はむくみの解消に有効です。

むくみが出来てしまう仕組み

むくみができてしまう最も主要な要因は血行不良です。
例えば長時間立ちっぱなしの状態だと重力によって下半身に血が溜まってしまいます。

血管には動脈と静脈の2種類があり、心臓から出て身体の各部に血を運ぶのが動脈、心臓に血液を戻すのが静脈です。
立ちっぱなしで下半身に血が溜まってしまう状態とは心臓に戻すための、静脈に血が溜まっている状態です。
下半身の静脈から心臓に血を戻すには重力に逆らって上る必要があるため、立ちっぱなしではどうしても血液が血管内で渋滞を起こしてしまいます。
立ち仕事は足がむくみやすい理由はこのためです。

座りっぱなしの状態でも、立ちっぱなしの状態ほどではないですが、やはりむくみやすくなります。
つまり心臓よりも低い身体の一部分を長時間動かさないでいるとその部分はむくみやすくなるということです。

むくみは血行不良以外でも、腎臓や肝臓に病気がある場合もむくみやすくなります。
日常生活で血行不良という自覚はないのにむくみが多いという場合はそちらを疑ってみるべきかもしれません。

前の晩にお酒を飲み過ぎると翌日に下半身や顔がむくんでしまう場合があります。
これはアルコールを分解するために肝臓を酷使することで一時的に肝機能が弱まることで起こるむくみです。
肝機能が弱まると静脈の血が流れにくくなってしまい、結果として血行不良でむくみが出来てしまいます。

むくみ解消には足の筋肉を鍛えるのが有効です

人間どんな姿勢でも基本的に下半身が心臓よりも下にあります。
そのため下半身の静脈は慢性的に血が溜まりがちです。
下半身の筋肉、特にふくらはぎの筋肉が発達すると下半身から心臓に血を送り返すポンプとしての機能が向上します。
そのため足の筋肉、特にふくらはぎの筋肉を鍛えることでむくみの解消に繋がります。
ふくらはぎの筋肉は歩くことでよく使われるため、ウォーキングが効果的です。

高麗人参の血行促進作用はむくみ解消に繋がります

高麗人参は血管を拡張してくれる作用と、血液内の悪玉コレステロールを減らして血液をサラサラにしてくれる作用があります。
この作用はどちらも直接的な血行促進作用といえます。
このため高麗人参を常食し、常に血の巡りの良い状態を維持すれば下半身の静脈に血液が溜まってしまう状態になりにくく、むくみの予防効果に繋がります。

冷え性や自律神経の乱れは血管を収縮してしまうため、これらの症状も結果としてむくみを引き起こす要因となります。
高麗人参は血行促進作用で身体の基礎体温を上げる効果があり、冷え性の改善効果があります。
そして高麗人参は中枢神経に作用してストレスを軽減し、自律神経を安定させる作用もあります。
これらは間接的な作用ですが、むくみに対しても予防効果が期待出来ます。

以上のように高麗人参は非常に優秀な血行促進作用があり、血行不良で引き起こされるむくみに対して高い予防効果があります。

Main Menu

おすすめアイテムはこちら

その他のコンテンツ