高麗人参の選び方 -健康増進支援サイト

高麗人参の効果や効能、おすすめアイテムなどを解説しているサイトです。

メインイメージ
画像

高麗人参はいつ飲むのが効果的?

高麗人参
 古くから不老長寿の薬として親しまれている高麗人参ですが、現代においても健康食品として注目を集めています。その効能は広く、糖尿病、動脈硬化、滋養強壮など身体の器官全体に及ぶといっても過言ではありません。
 かつては血圧を高める効能もあるとされていましたが、最近では高血圧の方が服用し、血圧を下げることができたとの事例もあります。そのことから、現在においても体のトータルバランスを調整する万能薬とされています。
 しかしそんな万能薬でも、処方の仕方によっては効能を発揮できないのでは、と心配されている方も多いはず。事実、漢方薬の多くは時間帯や個々人の生活リズムに合わせて服用http://www.yukuru.jp/use.htmlすることが重要とされています。 また、同じ漢方薬を飲むのならより正しく飲みたいですよね。

 では、高麗人参はいつ飲むのが効果的なのでしょうか。時間帯により効能が変化するものなのでしょうか。実は、飲む時間帯に特に決まりがあるものではないのです。
 重要なのは、自分の身体と生活リズムを理解し、服用するタイミングを決めておくことが重要です。そのように独自のサイクルを作ることが必要なのですが、そのために必要なポイントは押さえておきましょう。
 これらを踏まえたうえで自らの身体と向き合うことができれば、きっと理想的な効能を引き出すことができるでしょう。
 飲むタイミングは、先述の通り時間帯では決まっていません。一般的には、他の漢方薬と同じく原則として空腹時に飲むと効率的とされています。
 その際は十分な水分を一緒に取りましょう。そうすることで素早い吸収を促し、また他の食べ物に影響を受けることもありません。ただし、やはり影響の強い漢方なので、胃に負担を感じる方は食後も試してみるほうがよいでしょう。刺激を和らげることができます。
また、高血圧の方は夕方から夜にかけての時間帯が理想的です。個人差はありますが、人間の身体は体内時計により、夜間は血圧が下がるといわれています。もともと血圧を上げる効果があるとされているので、高血圧症を患っている方などは昼間の摂取は避けたほうがよいでしょう。
 毎日同じ時間に飲む必要はありませんが、多くの方が日常のサイクルを決めていると思いますので、摂取後の影響などを感じていると、自然とそのサイクルに組み込まれるようになるでしょう。
 このように、大切なのはいつ飲むかではなく、いつ飲めば身体になじむか、効果が感じられるかを意識して、ご自身の生活リズムに組み込むことが大切です。
 いつ飲むかよりも重要なのは継続して服用すること。高麗人参は特定の効果を得るものではなく、全体的な調和を促すものですので、毎日続けられることが何よりも重要です。そのためにも、このことを意識して、無理のない飲み方を心がけましょう。

こちらのサイト↓に効果的な飲み方などについて、わかりやすい解説がございます。