高麗人参の選び方 -健康増進支援サイト

高麗人参の効果や効能、おすすめアイテムなどを解説しているサイトです。

メインイメージ
画像

高麗人参は生活習慣が原因の高血圧に効果あり

高血圧は生活習慣の乱れによって引き起こされることが指摘されています。
最も多いのは塩分多めの食生活で血液中の塩分濃度が濃くなってしまい、いわゆる血がドロドロの状態で、血流が悪くなり、血圧(血流の圧力)が上がってしまうという状態です。

高血圧の原因で最も多いのが塩分過多です。
そしてそれに次いで多いのが運動不足や肥満です。

内臓の疾患などでも高血圧になる場合があります。
その場合は医療的な治療が必要です。
あくまで生活習慣が要因となる高血圧の場合は高麗人参である程度の改善が可能です。
高麗人参の数ある健康作用の中には血行促進作用、悪玉コレステロールを抑制する作用があり、これらの作用は血液をサラサラにしてくれる効果となり、高血圧予防に有効です。

塩分過多で高血圧になってしまう仕組み

食事で摂取した塩分は吸収され、血液に合成されます。
つまり塩分過多は塩分濃度の濃い血液を生成してしまいます。
血液の塩分濃度が濃いとその分、血液はドロドロの状態となってしまいます。
身体はそれを緩和させるために身体の水分を血液に回して塩分濃度を薄めようと働きます。
その結果、血液全体の量が増えてしまい、血液が流れる際の、血流の圧力が上がってしまいます。
これが塩分過多による高血圧の状態です。

ちなみに身体に溜まった塩分(ナトリウム)を最終的に濾過して排出するのは腎臓の仕事です。
そのため塩分過多は腎臓にも負担を与えます。

運動不足、肥満が高血圧に繋がる仕組み

運動不足が高血圧の要因になる場合があります。
運動不足が肥満の主要な要因となってしまうということも大きいですが、運動不足自体も身体の代謝を下げ、血流を悪くする要因となります。
代謝が高いということは生命活動全般が活発な状態といえるため、血行促進にも貢献します。

慢性的な運動不足が原因で肥満になってしまうと血管が収縮してしまい、血流を悪くしてしまいます。
さらに肥満になると身体の隅々に血液を送るため、心臓や血管に大きな負担をかけてしまいます。
これらの血流悪化の要素は全て高血圧に直結します。

さらに厄介なのは、一度肥満になると運動による心臓への負担が大きくなるため、改善のための運動がかえって危険になる場合もあります。
まさに悪循環です。

高麗人参の高血圧予防効果

高麗人参の主要な健康作用に、血管を拡張させる作用があります。
この血管拡張作用によって根本的な血流の改善が期待できるため、高血圧改善につながります。

さらに高麗人参は血液中の悪玉コレステロールを抑制し、善玉コレステロールを増やすという、コレステロール値を安定させる作用があります。
悪玉コレステロールは血液をドロドロにしてしまい、血栓を生成して血流を詰まらせる要因となります。
善玉コレステロールはその逆で、血栓を除去して血流をスムーズにしてくれます。
高麗人参のコレステロール値を安定させる作用で血流が改善されるため、肥満や塩分過多での血流悪化を改善することが出来ます。

以上のように高麗人参は血流を改善して高血圧を下げる効果が期待できます。
しかし生活習慣が要因で高血圧を引き起こした場合は、原因となる生活習慣の乱れを改善することが第一であることはよく留意するべきです。

実は低血圧にも効果がある、高麗人参の調整機能

高麗人参は血管を拡張し、血流をスムーズにする、そして悪玉コレステロールを抑制して血栓を除去する効果が期待できます。
これらはまさに高血圧を下げる効果です。
このため高麗人参は血圧を上げてしまうという誤解も多いようです。
しかし、高麗人参は血圧を上げる効果があり、低血圧に効果があるということも有名です。

上記で解説したように、高麗人参は「血液の流れを正常にする」作用に優れるため、血圧が高すぎる場合はそれを下げ、低い場合は血圧を上げて安定させるという【調整機能】があります。
この調整機能が、古くから高麗人参は万能薬であるとして珍重されてきた要因なのです。

Main Menu

おすすめアイテムはこちら

その他のコンテンツ