高麗人参の選び方 -健康増進支援サイト

高麗人参の効果や効能、おすすめアイテムなどを解説しているサイトです。

メインイメージ
画像

アトピーの症状改善なら高麗人参

アトピー性皮膚炎は日本人でも罹患者の多い、慢性的な皮膚炎として有名です。
アトピーは現在でも原因がはっきりと解明されていません。
仮説として有力なのは、乾燥などで皮膚のバリア機能が低下している時にアレルギー症状が重なり、湿疹が出来てしまう、というプロセスです。
そういった要因にストレスなどが重なり、さらに症状が悪化してしまうという説も有力です。

アトピー性皮膚炎の根本となる要因は皮膚のバリア機能の低下であり、この要因は身体の免疫機能に由来しています。
高麗人参には身体の免疫力を高める作用があるため、免疫機能と深い関連のあるアトピー性皮膚炎の予防につながるという説が有力です。

アトピーとアレルギーの関係

アレルギーとは免疫の過剰反応です。
免疫とは本来、身体に害を及ぼす病原体が身体に入った時にそれを退治して身体を守る、というシステムです。
アレルギー持ちの場合、身体の害を与えない物質にも免疫が反応してしまい、免疫による排除機能が働いてしまい、炎症反応や、咳、くしゃみ、などを起こしてしまいます。
これがいわゆるアレルギー体質です。
つまりアレルギー反応とは免疫異常の症状です。

アトピー治療でのステロイドの長期利用は免疫力を低下させます

アトピー性皮膚炎は根本的な治療方法が無いため、治療は専らステロイドを用いた対症療法 となります。
つまりアトピーによって発生した湿疹や痒みに対し、塗り薬や飲み薬で対処する、という治療方法です。
アトピー治療はステロイドによる対症療法のため、基本的にアトピーが発症する度に薬で抑えるという形になり、どうしても治療は長期化してしまう傾向にあります。
ステロイドは長期利用することで身体の免疫力を低下させてしまうことがわかっています。
このためアトピー治療を長期間続けている人はステロイドの影響で身体の免疫力が低下している可能性が高くなります。
アトピーもアレルギーも免疫異常によって発症する疾患のため、根本的な免疫力の向上が予防につながる、という説は根強いです。

高麗人参は免疫を調整する作用で、アトピーやアレルギーを予防します

上記の解説でアトピーやアレルギーは免疫異常で発症する、と述べました。
免疫力が低い状態と免疫異常は厳密には異なります。
しかしアレルギー症状やアトピー症状を発症してしまう人は元来、免疫力が低い傾向にあり、根本的な免疫力を向上させればそれらのアレルギー症状の予防になる、という説は有力視されています。

高麗人参に含まれるサポニン(ジンセノサイド)は【アダプトゲン】というストレス耐性効果のある天然ハーブ成分の一種です。
このアダプトゲンは、身体の免疫機能に作用します。
アダプトゲンは免疫機能が弱まった時にはその働きをサポートし、逆に免疫が強く働き過ぎてしまった時はそれを抑制するという、免疫の調整機能を果たします。
つまり高麗人参は免疫力を向上させるだけでなく、強く働き過ぎた場合の調整機能も備えているのです。
以上のような高麗人参特有の免疫力を調整する機能は、アトピーやアレルギーの症状に一定の予防効果があることが有力視されています。